胸が痛いという症状で考えられる代表的な心臓疾患には、心筋梗塞と狭心症というものが考えられます。特に心筋梗塞というのは、死に至ることもある怖い病気です。

心筋梗塞に、前兆の症状があれば予防や早期治療を受けることができ、最悪の事態になることを防げますよね。ここでは心筋梗塞の前兆について考えてみましょう。

心筋梗塞とは

まずは心筋梗塞というのがどういった病気なのかということを簡単にご説明します。心筋梗塞とは、動脈硬化や血栓などの影響によって、冠動脈が詰まってしまい血流が著しく低下し、心筋が壊死してしまった状態のことをいいます。心臓発作・心臓麻痺というと、大抵は心筋梗塞のことを指しています。

そのことからもわかるとおり、心筋梗塞というのは処置が遅れれば死に至ることもある病気です。ちなみに狭心症も同じようなメカニズムで起こる病気ですが、心筋の壊死がない状態のことを言います。ですから、狭心症である人は、心筋梗塞のリスクもあるということです。

心筋梗塞では、強い胸の痛みが15分以上継続します。狭心症だと、15分も胸の痛みが続くようなことは稀です。そのまま心筋梗塞の状態が続けば、意識がなくなることもあります。

胸の痛みは心筋梗塞の前兆?

心筋梗塞では強い胸の痛みを感じるため、誰もがすぐに何か体に異変が起こっていると気付けるでしょう。例外的に高齢者や糖尿病にかかっている人は痛みを感じないこともあるのですが、ここでは詳細は割愛します。

心筋梗塞には前兆があります。この前兆に気づけるかどうかで、その後の経過が変わってくるでしょう。その代表的な前兆が胸の痛みです。前兆としての胸の痛みは、それほど長く続かず、痛みも心筋梗塞に比べると穏やかです。

狭心症の症状として、この胸の痛みを感じる人もいるようですが、狭心症から心筋梗塞に重症化してしまうことは珍しくありません。ですから、狭心症事態が心筋梗塞の前兆でもあると言ってもいいかもしれません。事実、心筋梗塞になった人の約9割が、心筋梗塞になる前に狭心症を経験しているそうです。

胸の痛み以外にも前兆症状があり、呼吸困難、吐き気、肩や背中の痛み、左手小指の痺れ・痛み、冷や汗などがそれに当たります。こういった症状を感じた人は、例え胸の痛みの度合いがそれほどではなかったとしても、医療機関にすぐに行くようにしてください。特に、高齢者や糖尿病の方では、痛みに気付きにくい場合もあるので注意が必要です。

心筋梗塞を予防する

心筋梗塞にならないようにするためには、前述のような心筋梗塞の前触れを感じたときに、すぐに対処をすることです。特に、狭心症発作を持っている人は、少しでもいつもと違うような発作を感じたときや、胸が重かったり、体調が悪いことが続くという場合には、一度主治医の先生に診てもらうべきです。

心筋梗塞や狭心症になるリスクが高い人とは、下記のような病気・症状や生活習慣のある人です。

  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 肥満
  • 喫煙者
  • ストレスの多い生活
  • 大量飲酒
  • 運動不足

特に喫煙者で肥満だという人や、喫煙者で糖尿病だという人は、高血圧である人も多く、かなりリスクが高いので生活習慣の改善が必要です。タバコの量を減らしたり、運動をして肥満解消をしたり、暴飲暴食をやめるようにしてください。

自分は若いからまだ大丈夫だと思っているかもしれませんが、長年の生活習慣の乱れが、40代、50代になったときに、病気として現れてしまうものです。将来の心筋梗塞・狭心症を予防するためにも、若い方でも生活習慣に気をつけたほうがいいでしょう。

また、すでに狭心症発作があるという人も、禁煙や運動不足の解消に取り組みましょう。

まとめ

心筋梗塞は、常に自分の体調に気を使って入れば前兆に気づける病気です。すぐに危険なことにはなりづらい狭心症のときから気付き、対策をし、心筋梗塞まで重症化させないことがベストです。日頃から生活習慣にも気をつけ、心筋梗塞にならないようにしましょう。

おすすめの記事