更年期障害とは、更年期の女性に起こるさまざまな症状の総称です。この症状には、精神的な症状も、物理的な症状もあり、人によりさまざまな症状があるのですが、胸の痛みを感じるという人もいるようです。

更年期で胸の痛みがあるという場合、どういったことが原因になっているのでしょうか。ここでは更年期障害と胸の痛みについて考えてみましょう。

更年期・更年期障害とは

更年期とは、閉経の前後約10年くらいのことを言います。閉経する年齢は、50歳前後なので、更年期というのは40代半ばから50代半ばのことを指すことになります。人により閉経時期は異なりますから、更年期も多少前後することがあります。

この更年期には女性ホルモンの急激な減少が起こります。女性ホルモンの分泌量は30代半ばがピークで、その後減少傾向になるのですが、40代半ばになるとぐっと分泌量が減ってしまうのです。この突然の女性ホルモンの減少によって起こるさまざまな症状をまとめて、「更年期障害」といいます。

更年期障害の主な症状には、イライラ、多汗、全身倦怠感、動機、ほてり、手足の冷え、頭痛、立ちくらみ、不眠といったものがあります。胸の痛みは主症状というわけではありませんが、更年期障害の影響で胸の痛みを訴える人もいます。

前述のとおり、更年期とは40代半ばから50代半ばまでのことを指すのですが、若い人でも、生活習慣の乱れやストレス、無理なダイエットの影響で、女性ホルモンが減少し、若年性更年期障害と呼ばれる更年期障害になってしまうこともあります。

更年期による胸の痛みの原因

更年期障害で胸の痛みがあるという場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。1つには、更年期障害でよくみられる動悸が挙げられます。更年期には、ホットフラッシュといってほてりや発汗といった症状が起こりますが、このときに、動機や頻脈といった症状が現れることもあります。この症状がひどいと、胸が痛いと感じることもあるのです。

そのほかには、たこつぼ型心筋症という病気が挙げられます。これは、閉経した女性によくある病気で、女性ホルモンの1つのエストロゲンの低下が原因で引き起こされます。たこつぼ型心筋症になると、左心室が収縮するべきときに収縮できず、その影響から、胸の痛みや呼吸困難というような症状が発生します。

微小血管狭心症という病気も、更年期にはよくみられるものです。運動をしているときよりも、安静時にみられることが多く、胸が針で刺されるように痛かったり、締め付け感を感じます。痛みの種類は毎回同じというわけではありません。こちらも、エストロゲンの低下によって引き起こされる病気です。

更年期による胸の痛みの対策

更年期による胸の痛みはエストロゲンの低下によって引き起こされることが多いのですが、これはエストロゲンの低下によって自律神経のバランスが乱れるからです。ですから、症状を緩和させるためには、自律神経のバランスを整える必要があります。

自律神経のバランスを整えるのに効果的なのは、適度な運動です。更年期で体がだるくて運動をする気にもならないかもしれませんが、ウォーキングやヨガ、ダンスなどといった運動をすると、不思議と体も軽くなってきます。また、ストレスも感じにくくなり、自律神経のバランスを整えるというほかにも、更年期障害による精神的な不調を緩和する効果もあります。

症状がひどいという人は、医療機関でホルモン補充療法を受けることをおすすめします。更年期障害に苦しんでいる女性は、そういった治療を受けて症状が緩和し、穏やかに過ごせるようになることもあります。

ホルモン補充療法に抵抗があるという人は、漢方薬を処方してくれる婦人科などに相談してみましょう。更年期障害では、漢方薬も処方されることが少なくありません。

食事療法としては、エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを摂取することをおすすめします。イソフラボンは大豆・大豆加工食品に含まれており、納豆、豆腐、豆乳、味噌などといった食品が効果的です。

まとめ

更年期は女性なら誰もが通る道です。胸の痛みや他の症状によって苦しむ前に、早めの対策・治療をしておくことをおすすめします。

おすすめの記事