女性の方だと、生理不順の治療や、子供を望まないというときにピルを服用する人もいるでしょう。婦人科で処方されるピルは、飲み始めの頃はさまざまな副作用に悩まされることで知られています。
この副作用の中に「胸が痛い」という症状もあるようです。ピルを飲んで胸が痛くなるのはなぜなのでしょうか。

ピル(経口避妊薬)とは

ピルとは、子供を望まない人に妊娠を防ぐために処方される薬です。一般的には、その用法でよく知られていますが、生理不順やPMS(月経前症候群)、生理痛などがひどいときに、その治療薬としても使用されます。

ちなみに、避妊薬としての場合は保険外治療となりますが、生理不順などの治療として用いる場合、何らかの婦人科系の病気にかかっている際には保険適用になる場合もあります。あらゆる意味で女性にとってとても便利な薬であるピルですが、飲み始めて体が慣れるまでの副作用が強いことで知られています。

ほとんど副作用を感じないという人と、副作用のためにピルをやめてしまうほど症状がきつい人と、人によってさまざまです。

ピルの副作用で胸が痛いときとは

ピルには副作用があるということは前述のとおりです。その主な副作用とは、体重の増加、頭痛、吐き気、倦怠感、眠気、倦怠感などといったものがあります。そのほか、胸の張りや痛みを感じるという人も少なくありません。

ピルを飲むと、体は妊娠した時のようになります。そのため、胸が張るのは仕方がない現象なのですが、それによって胸の痛みが生じる人もいるようです。しかし、ピルが体になじめば、この痛みは徐々に治っていきます。

ピルの副作用で怖いものには、静脈血栓症というものがあります。ピルは血液を固めやすくする作用があるため、血栓を引き起こしてしまうことがあるのです。もしもピルの副作用で血栓ができてしまったら、胸の痛みを感じることがあります。この胸の痛みは、胸の張りの痛みとは異なりますから、女性ならその違いがわかるでしょう。

胸の張りとは違う胸の痛みを感じた場合は、血栓ができている可能性もあります。血栓は放っておくと脳梗塞・心筋梗塞などの怖い病気を引き起こしてしまいます。そのため、早めの処置が必要なのです。

ピルの副作用で胸が痛いときの対処法と注意事項

前述のように、ピルで胸が痛いという場合は、特に対処の必要がない胸の張りが原因の場合と、血栓症という危険な病気の場合があります。胸が張って痛いという場合は、優しくマッサージをしたりして、胸の周りの血行をよくしておくことで、ある程度は緩和されます。

ただし、胸にしこりがあるという場合は、乳がんの疑いもあるので一度は医療機関で診てもらうようにしましょう。単に張っているだけでもしこりができることもあるので、しこり=乳がんというわけではありません。

胸の張りの痛みではなく、胸の中央あたりに痛みがあるという場合は、血栓症やそのほかの心疾患、もしくは胃炎などが疑われます。ピルの服用中にそのような痛みを感じた場合は、すぐに医療機関に受診するようにしてください。胃炎であれば大したことはありませんが、血栓症は前述のとおり危険な病気です。

下記のような人はピルを服用するべきではありません。

  • 35歳以上の喫煙者
  • 年齢に限らずヘビースモーカーの人・高血圧の人
  • 心疾患のある人
  • がん患者
  • 重度の偏頭痛のある人
  • 妊婦
  • 授乳中の人

これはなぜかというと、これらに当たる人は、血栓ができやすかったり、ピルの作用・副作用に耐えられる体ではないからです。こういった説明は、ピル処方時にもありますが、該当する人は危険な副作用の影響を防ぐためにも、ピルを服用するのはやめておきましょう。

まとめ

ピルの副作用として胸の痛みを感じる場合、大した問題がないものと、重大な病気になってしまう可能性があるものとがあります。ピルはとても便利なものではありますが、そういった副作用についてもよく知った上で服用するようにしてください。

おすすめの記事