ルトラールという薬をご存知でしょうか。妊娠したいと願っている女性ならご存知かもしれませんが、そのほかの人にとっては馴染みがない薬ですよね。この薬は不妊治療で用いられるものなのですが、この薬を服用中に胸の痛みを訴える人も少なくありません。

ここでは、このルトラールについてその副作用と一緒にご紹介します。

ルトラールとは

ルトラールとは、生理不順や月経異常などの婦人科系のトラブルに処方される薬で、不妊症の治療に使われることもあります。そのほか、卵巣機能不全や黄体機能不全などといったものにも使用されます。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。この2つがバランスよく分泌されることで、生理周期が整うのですが、そのバランスが崩れていると、生理周期が乱れたり、無月経の症状や、経血の量が多すぎるというような症状が起こることがあります。

ルトラールには、プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用を補ってくれるはたらきがあります。生理に異常があると妊娠するのが難しいため、不妊でお悩みの方でこのような症状があるという人には、治療としてこの薬が処方されるのです。

ルトラールの副作用

ルトラールは「ホルモン剤」と呼ばれるものですから副作用はあります。しかし、ホルモン剤の中では比較的副作用は軽いと言えるでしょう。主な副作用は、発疹、嘔吐、腹痛、下痢、食欲低下、不正出血などです。これらは、他のホルモン剤でも出てくる副作用ですね。

前述のようにルトラールの副作用は軽いものなので、ほとんど副作用を感じなかったという人もいます。ルトラールの副作用で胸の痛みを訴える場合は、ホルモン剤の影響で胸が張って痛いという場合と、血栓症になってしまっている場合があります。

胸の張りのために痛みがある場合は、そこまで心配する必要はありませんが、血栓症は心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすことのある病気です。ルトラールの副作用で血栓症になってしまう確率は0.1%未満ととても低いのですが、大したことがないと放っておくと命に関わるものです。

ルトラールで胸が痛いときの対処法と注意事項

ルトラールの副作用で胸に痛みを感じるときにはどうすれば良いのでしょうか。まず胸の張りのために胸が痛い場合ですが、多くの場合は薬に体が慣れてくると胸の張りからくる痛みは気にならない程度になります。不安な場合や症状が不快な場合は、主治医に相談をしてみましょう。

状況によって、薬を変えたり、しばらく経過を見たり、あるいは投薬を中止したりということになるでしょう。

上記で触れているとおり、ルトラールの副作用で胸の痛みがあるというときに怖いのは、血栓症の可能性です。乳房ではなく胸の中央が痛いような気がする場合は、すぐに医療機関に行くようにしてください。

血栓症には前触れ症状というものがあります。胸の痛みも前触れ症状として見られるものですが、そのほかには、ふくらはぎの痛み、激しい頭痛などがあります。ルトラールを服用したときに、胸の痛みがなかったとしても、この血栓症の前触れ症状のどれかを感じることがあれば、すぐに医療機関に行きましょう。

繰り返しになりますが、血栓症は放っておくと命に関わる病気を引き起こすことがある怖いものです。ルトラール服用時には、そういった副作用の可能性があることを意識して、自分の体の異変に注意するようにしてください。

まとめ

生理不順や不妊の治療でよく使われるルトラールは、ホルモン剤ですが、ホルモン剤のほとんどは、ルトラールと似たような副作用やリスクがあります。そういった症状で薬を服用するというときには、しっかりと医師に副作用のことについても訊いておくと安心です。

おすすめの記事