胸が痛いというのには種類があります。女性が胸が痛いという場合、それは心臓や肺などの臓器ではなく、バストが痛いという意味も含みますが、生理前や生理中に胸の痛みを感じるという人は少なくありません。

なぜ生理前・生理中には胸が痛むことがあるのでしょうか。その原因と解消法を探ってみましょう。

生理前や生理中に胸が痛くなる原因とは

女性が生理前や生理中に胸の痛みを感じるのには、乳腺が関わっています。生理前になると、体が妊娠に備えるように変化していきます。生理前に胸が張るという人は多いでしょう。これは、体が妊娠に備えるはたらきで、乳腺が発達するからです。

このはたらきには、「プロゲステロン」というホルモンの分泌が関わっています。黄体ホルモンとも呼ばれます。これが分泌されることにより、乳腺が発達するというメカニズムなのですが、乳腺が発達すると痛みを感じるようになっているのです。

そして、プロゲステロンは生理前にもっとも多く分泌されるため、生理前には胸の痛みを感じることが多いのです。多くの女性は、生理が始まればプロゲステロンが減少し、胸の張りも痛みも落ち着いてきます。

しかし、プロゲステロンの分泌量には個人差があるため、分泌量の多い人だと、生理中でも乳腺が発達したままとなり、胸の痛みを感じるのです。

生理前・生理中の胸の痛みの解消法

生理前・生理中の胸の痛みは、生理現象なので完全に解消することはむずかしいでしょう。しかし、痛みが強すぎて、日常生活で困っているという場合は、その痛みを和らげる方法はあります。

痛みが気になるという場合は、まずマッサージをしてみましょう。痛いのを我慢して強くマッサージをしてはいけません。優しく、血行をよくするということを意識して、マッサージをしてみてください。

血行が悪いと痛みが増しやすいので、体が冷えないように特に冷え性の人は気をつけるようにしてください。血行を良くするという意味では、適度な運動をすることもおすすめします。運動をすると血行がよくなりますし、何よりストレス発散になるので、生理前のイライラも解消される効果があります。ウォーキングやヨガ、ストレッチ程度の軽いもので十分です。

ブラジャーの締め付けも、胸の痛みを増幅してしまうことがあります。いつもはサイズぴったりなブラジャーだと、生理前や生理中には、きつくなっているかもしれません。生理前・生理中のときのために、少し大きさに余裕があるブラジャーを用意しておくことをおすすめします。あまり硬い生地よりも、柔らかいものの方が良いでしょう。

食事面では、お肉の摂取量を減らすというのも、胸の痛みの解消法になります。お肉には、プロゲステロンなどのホルモンが含まれているので、すでに過剰にプロゲステロンが分泌され、胸の痛みで苦しんでいると言う場合、お肉の量を減らすことで症状が緩和する場合もあります。

生理前・生理中の胸痛は病気の場合も?

生理前・生理中の胸の痛みは、自然な生理現象であり、誰にでも起こり得ることなのですが、稀に病気の可能性も考えられます。この場合の胸の痛みと同じ種類の痛みを感じる病気には、乳腺症、化膿性乳腺炎、乳腺線維腺腫、乳がんなどといった、乳腺に関するものがあります。

特に生理が終わっても、まだ胸に違和感があったり、痛い気がするというときには、何らかの病気であることが考えられるので、すぐに婦人科で検査を受けるようにしてください。

まとめ

女性特有の、生理前・生理中につきまとう胸の痛みは、完全になくすことは難しいようです。病気ではないことが多く心配する必要はありませんが、痛みが気になるという場合は、ここで紹介したような方法を試してみてください。

おすすめの記事