赤ちゃんに授乳をしているという人で、胸の痛みを感じたことがあるという人はいるでしょうか。特に授乳後に胸が痛いと思ったことがあるのではないでしょうか。この胸の痛みは一体なんなのでしょう。

ここでは赤ちゃんに授乳中のお母さんが遭遇する、授乳後の胸の痛みについて考えてみましょう。

授乳後の胸の痛み

今自分の子供に授乳中だという人は、授乳をしたあとになんだか胸がチクチクする・・・なんてことがあるかもしれません。授乳後に胸の痛みを感じるというときは、胸全体が痛いというときと、片方だけが痛いというとき、また乳頭のみ痛むというときと、さまざまです。痛みの程度も人それぞれで、一概にこういった痛みがあるということが言えません。

チクチクした軽い痛みが多いようですが、中には痛すぎて胸の周辺や肩・背中にまで痛みが響くという人もいるようです。この痛みは授乳後に現れることが多いようですが、中には授乳中にも痛みがあるという人もいますし、授乳のタイミングに関わらず、胸が痛いということもあるようです。

授乳の影響で胸が痛い原因とは

なぜ授乳をしていると、このような痛みが起こることがあるのでしょうか。これには、いくつかの原因が考えられます。よくあるのは乳腺が詰まるという症状です。これがチクチクした痛みの正体で、母乳が通る乳腺や乳管に詰まりが生じ始めたサインにもなります。放置していると痛みが増して、乳腺炎になってしまうこともあります。

母乳がたくさん出るという女性だと、胸が張る影響で胸の痛みがある場合があります。また、オキシトシン反射といって、赤ちゃんがおっぱいを吸った時に感じるツンとした小さな痛みが走ることもあります。これは、母乳が生み出される時の感覚なので心配はいりません。

そのほかには、赤ちゃんの口を通じて乳腺内で雑菌による炎症を起こしているということも考えられます。この場合は強い痛みがあるので、すぐに普通の痛みではないと気づけるでしょう。この細菌感染による炎症も乳腺炎の原因になることがあります。

授乳による胸の痛みの解消法

授乳中に胸の痛みを感じる場合、何か対処法はあるのでしょうか。少しでも痛みを感じる場合は、一度は医療機関で相談することをおすすめします。授乳中の胸の痛みは生理現象的なものも多いのですが、そういった問題がないかどうかを診断するためです。また、乳腺がつまりかかっている場合は、その対処を教えてもらえます。

自分でできる対処法としては水分をしっかりとるということです。水分をちゃんととっていれば、母乳がサラサラになりやすく、つまりづらくなります。母乳をサラサラにするという意味では、食生活にも気をつけなければなりません。

脂っぽいものを取りすぎると、母乳がドロドロになってしまいます。これは、血液と同じ考え方です。脂っぽいものを全くとってはいけないということではありませんが、栄養バランスがとれた食事を心がけることで、母乳の調子もよくなるでしょう。

母乳がたくさん出る影響で胸が痛いという人は、こまめに授乳したり搾乳をするようにしてみましょう。搾乳とは母乳を搾り出すことです。赤ちゃんが母乳を飲みきれない場合は、搾乳することで胸の張りを緩和したり、乳腺がつまることを防げます。

乳腺詰まりを解消するには、授乳前後のおっぱいマッサージも効果的です。マッサージをしておくと、乳腺詰まりが解消され、痛みを感じることも少なくなります。

まとめ

授乳をしているときの胸の痛みは、すべてのお母さんたちの悩みなのではないでしょうか。きちんと日常的に口にするものに気をつけたり、ケアをすることで胸の痛みを緩和することができますから、日々の生活で気をつけてみましょう。

おすすめの記事