女性の薄毛には、男性に見られるAGA(男性型脱毛症)と似た症状が現れる、FAGA(女性男性型脱毛症)があります。近年は、この女性版AGAの増加により、薄毛に悩む女性が増えたといわれるほどです。

そこで今回は、なぜ男性と同じような薄毛が女性にも起こるのか、原因やFAGAになりやすい人の特徴を詳しく解説します。薄毛を悪化させないための注意点もご紹介していますので、あわせてチェックしてください。

女性版AGA といわれるFAGAの特徴

女性の薄毛でもっとも多いのは、「びまん性脱毛症」といわれています。男性の薄毛に多いのはAGA(男性型脱毛症)ですが、びまん性脱毛症は女性版AGAとして、別名をFAGA(女性男性型脱毛症)とも呼ばれています。

FAGAになりやすい年代は、一般的には中高年の女性といわれています。ところが、近年では、生活習慣の影響などにより20~30代の年代でもFAGAの薄毛に悩む女性が増えたというデータがあります。

一口に薄毛といっても、原因によっていくつかのタイプに分かれますが、もしも頭皮と毛髪に次のような特徴があればFAGAの可能性があります。

  • 全体的に髪のボリュームがなくなってきた
  • トップが部分的に薄くなってきた
  • つむじの部分が薄くなってきた
  • 髪の分け目が目立つようになってきた

男性のAGAでは、M字ハゲやO字ハゲといった特徴的な脱毛が見られますが、女性のFAGAは完全に髪が抜けるということは、ほとんどありません。ただし、全体的に髪の量が減ることで頭頂部の地肌が目立つようになったり、ヘアスタイルが決まらなくなったりすることが起こるようになります。

FAGAを発症するメカニズム

FAGAが女性版AGAといわれる理由は、薄毛の原因がどちらも男性ホルモンの作用によるものだからです。男性のAGAは、男性ホルモンの「テストステロン」が変化した、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質が髪の元になる毛母細胞を攻撃することで、ヘアサイクルが乱れて薄毛が進行してきます。

男性に比べて女性の髪が維持できるのは、女性ホルモンのエストロゲンの作用が大きいです。エストロゲンには、髪の健康と寿命を長くする役割があるため、薄毛の症状も男性と女性では大きく違います。

しかし、AGAの原因となる男性ホルモンは、女性の体内でも少量ながら作られています。そのため、加齢や生活習慣などの影響で体内の女性ホルモンが減ってしまうと、男性ホルモンの割合が増えて、ヘアサイクルが乱れることから、FAGAは女性版AGAといわれています。

こんな人は要注意!FAGAになりやすいタイプ

FAGAは女性ホルモンの減少により男性ホルモンが増えることで、髪が成長するために欠かせない毛母細胞の働きが低下して、薄毛が進行してしまいます。このような体の変化は、次のようなタイプの人に見られやすいといわれています。

40歳を過ぎた女性

女性ホルモンの減少は、加齢による影響が大きいため、40歳を過ぎた女性はFAGAになる可能性が高くなる傾向にあります。女性ホルモンの分泌量は、30歳を過ぎたころから減少し始め、更年期に迎えると激減することから、エストロゲンで保たれていた髪の健康が失われていくからです。

更年期とは閉経前後の5年間をいい、日本人では45~55歳あたりが平均的とされますが、個人差があるため早い人では40代前半から女性ホルモンの影響が髪に現れやすくなります。

ストレスをためやすい人

FAGAは、ストレスによるホルモンバランスの崩れが原因で、発症することもあるため注意が必要です。精神的・肉体的ストレスがたまると、自律神経が乱れやすくなりますが、自律神経と女性ホルモンは脳の視床下部によってコントロールしているため、互いに影響し合い、ホルモンバランスを崩すことにつながります。

子どもが自立をする年代では、加齢による女性ホルモンの減少に加えて、生活環境が変わることにストレスを感じてFAGAが進行するケースもあります。また、ストレスによるホルモンバランスの変化は、若い年代でも起こりうるため20~30代でもFAGAを発症することがあります。

気をつけたいFAGAを進行させる3つの生活習慣

ご紹介してきたように、FAGAはホルモンバランスの乱れが引き起こします。さらに、普段の生活で繰り返される習慣がFAGAを悪化させることもあるため、FAGAの進行を防ぐためには、次のことに注意して健康な髪が育つ環境を整えることが大切です。

1.睡眠不足

睡眠不足が続くと、成長ホルモンの分泌が減少するため、頭皮の新陳代謝が悪くなり髪が育ちにくくなります。FAGAの改善には規則正しい生活リズムを心がけて、十分に睡眠をとることがポイントです。

2.タバコ

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があります。そのため、喫煙の習慣がある人は、髪が生えるために必要な栄養と酸素が血液にのって頭皮へ運ばれにくくなるため、薄毛を進行させてしまうことがあります。髪のためには禁煙またはタバコの本数を減らすようにしましょう。

3.紫外線

日常的に紫外線を浴びる機会が多いと、紫外線による活性酸素が頭皮のコラーゲンを破壊して細胞の働きを悪くするため、FAGAが悪化してしまうことがあります。紫外線が多い季節の外出は、日傘や毛髪用の日焼け止めスプレーなどを使って、紫外線対策をすることが大切です。

女性の薄毛FAGAは早めの対策を

加齢による女性ホルモンの減少は誰もが避けられませんが、髪も体と同様に生活習慣の影響を受けていますので、薄毛が気になり始めたらまずは生活習慣の見直しをおすすめします。しかし、生活習慣を変えても薄毛が改善しなかったり、症状の悪化が見られるときは薄毛治療クリニックなど専門家に相談するようにしましょう。

おすすめの記事