加齢とともに髪のボリュームが減ってきたときは、ホルモンバランスが原因の薄毛かもしれません。女性が薄毛になる原因の一つに、女性ホルモンの働きが失われることが大きく影響しているためです。

この記事では、女性ホルモンが髪の健康にあたえる役割と、ホルモンバランスが崩れてしまう原因について詳しく解説しています。ホルモンバランスを整えるための対策法もご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

育毛に影響する女性ホルモンの役割

女性の薄毛には、女性ホルモンの作用が大きく関わっています。女性ホルモンの一つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)には、頭皮の健康作りと髪の成長を助ける作用があるためです。エストロゲンは次のような働きで、育毛と髪の寿命をサポートしています。

  • 頭皮を若々しく保つ
  • 髪の成長を促す
  • 髪の成長期間を長く保つ
  • 頭皮の血流改善
  • 代謝を活発にする
  • 免疫力を整える

女性ホルモンが正しく分泌され、エストロゲンの働きで髪の健康が保たれると、髪の毛が生まれて抜け落ちるまでのヘアサイクルも整い、丈夫でしっかりした髪を育てることができます。

しかし、ホルモンバランスが崩れてエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、髪の1本1本が細くなり、パサつきやうねりが目立つようになるうえ、全体的なボリュームが失われて薄毛の症状が起こります。

薄毛につながるエストロゲン減少の原因

エストロゲンは髪の健康に欠かせない女性ホルモンです。しかし、なんらかの原因で減少してしまうと、髪の毛が育ちにくく寿命も短くなるため薄毛を起こします。エストロゲンが減少してしまう原因には、次のようなことがあげられます。

加齢

エストロゲンが減少する原因の一つは、加齢による卵巣の機能低下です。エストロゲンは卵巣から分泌されていますが、30歳前にピークを迎えると年齢を重ねるごとに減少していきます。

特に閉経の前後にあたる更年期を迎えると、エストロゲンの量は激減するため、40代以降の年代に薄毛が気になる人が増える傾向にあります。

出産後

エストロゲンには、子宮内膜を厚くして受精卵の着床をサポートするとともに、乳腺を発達させて出産に備えた体作りを行う役割があるため、妊娠中は分泌量が増えます。しかし、無事に出産を終えると通常の量に戻るため、ホルモンバランスが崩れてしまい、エストロゲンの作用で寿命が保たれていた髪の毛は抜け落ちて、薄毛を招いてしまいます。

生活習慣の影響

女性ホルモンは、寝不足やストレスがたまるなど、生活習慣が影響してホルモンバランスを崩すこともあります。女性ホルモンは、脳の視床下部の指令を受けた脳下垂体の働きによって分泌量がコントロールされているからです。

生活リズムが不規則で睡眠不足が続くと、視床下部の働きが低下してホルモンバランスが崩れ、エストロゲンの量も減って薄毛を起こすことがあります。また、日常的にストレスをためやすい人は、視床下部が管理する自律神経の乱れにホルモンバランスが影響を受けて、正しく分泌されなくなることがあるのです。

女性ホルモンの影響による薄毛は、通常は中高年に多く見られることが特徴ですが、生活習慣が原因のホルモンバランスの乱れは、20代~30代の女性の薄毛につながることもあります。

女性ホルモンの乱れを整える3つの対策法

髪の健康を守るエストロゲンは、加齢、出産、生活習慣などさまざまな原因で、ホルモンバランスを崩して減少してしまいます。そのため、日ごろから次のようなことに注意して、ホルモンバランスを整えることを意識することが薄毛対策になります。

1. ストレスをためない

エストロゲンが正しく分泌できるためには、ストレスをためないための工夫が大切です。ストレスの要因には、人間関係、環境の変化、肉体疲労など、身体的・精神的なものなど個人差がありますが、まずは何に対してストレスを感じているのか気づくことから始めましょう。

ストレスの原因が見つかれば、適度にストレスの原因と距離をとりながら、気分転換ができる時間を作ることがストレス解消につながります。

2. 十分な睡眠をとる

不規則な生活習慣が続いている人や疲労感が抜けない人は、生活リズムを見直して、夜は十分な睡眠をとることがホルモンバランスを整えることにつながります。早寝早起きを心がけることはもちろんのこと、寝る前のスマホやパソコンなどの使用は控えて、質の高い睡眠をとるための環境を作るようにしましょう。

良質な睡眠は女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンの分泌も促すため、頭皮の新陳代謝も高まって育毛を助ける働きが期待できます。

3. 大豆イソフラボンを摂取する

納豆、味噌、しょう油などの大豆製品には、「大豆イソフラボン」と呼ばれるエストロゲンに似た働きがある成分が含まれています。そのため、更年期に大豆イソフラボンを摂取すると、急激に減少したエストロゲンの作用を助けて、育毛に役立つといわれています。

ただし、大豆イソフラボンを摂り過ぎると、かえってホルモンバランスを乱す原因になるため注意が必要です。1日に食事から摂ることのできる、大豆イソフラボンの上限摂取量は70~75mg、サプリメントの1日上限摂取量は30mgが定められていますので、適量を守るようにしましょう。

症状がひどくなる薄毛は専門家に相談を

加齢によるエストロゲンの減少はある程度避けられませんが、生活習慣の見直しがホルモンバランスを整えることにつながります。しかし、生活習慣の見直しや育毛剤などのセルフケアを行っても、薄毛が改善されず症状が悪化する場合は、病院やクリニックに相談して、専門的な治療を受けるようにしましょう。

おすすめの記事