思いきって専門クリニックでAGA治療を受けても、効果が実感できないと大変ショックですよね。AGA治療では、大きく分けると内服薬や外用薬を使った方法と、頭皮に栄養成分を注入したり、植毛手術をしたりする施術方法の2種類があります。

そして、順調に治療が進んだ場合、1年ほどで髪に変化が現れるといわれますが、中には効果が出にくい人がいることも事実です。ここでは、AGA治療の基礎知識と、治療を受けても効果が出にくい人の特徴について、ご紹介します。

病院や専門クリニックで受けられる治療方法

AGAの代表的な原因は、男性ホルモンの作用です。男性ホルモンのテストステロンと、酵素の一種である5αリダクターゼが結びつくことで誕生したDHT(ジヒドロテストステロン)が、発毛を促す細胞の働きを低下させてヘアサイクルが短くなり、薄毛が進行してしまいます。

AGAの発症には、体質や生活習慣などが関係しているため、セルフケアだけでは薄毛の改善が難しいことが多いです。そして、病院や専門クリニックを受診すると、次のような治療方法を受けることができます。

薬を使った治療方法

AGA治療で使用される代表的な薬には、「ミノキシジル」と「フィナステリド(商品名:プロペシア)」があります。ミノキシジルは、頭皮の血流を改善することで毛母細胞を刺激し、発毛を促す働きがあるといわれる薬です。

一方のフィナステリドは、5αリダクターゼの働きを抑える作用で男性ホルモンのテストステロンとの結合を防ぎ、AGAの原因になるDHTの発生を阻止することで薄毛の進行を遅らせる効果が期待できます。

育毛メソセラピー・HARG療法

育毛メソセラピーとは、薬剤や栄養分を注射器やレーザーなどの機材を使って、頭皮に直接注入する治療方法です。さらに、育毛メソセラピーの成分と細胞の新陳代謝を促す成長因子を組み合わした治療法として、HARG療法もあります。これらの治療法は、薬だけの治療と比べて早く発毛効果が実感できるといわれますが、アレルギーなどのリスクもあります。

自毛植毛

自毛植毛とは、AGAになりにくい自身の後頭部や側頭部の頭皮を、薄毛になった部分へ移植する治療方法のことです。移植した頭皮が定着すると、長期にわたり髪の毛が生える可能性がありますが、外科手術のため体への負担は大きいです。

AGA治療の効果はどれくらいで現れる?

AGAの薄毛治療は、病院や専門クリニックで受けることができます。ただし、皮膚科での治療方法は、内服薬や外用薬などの処方のみとなりますので、効果が現れるには2~6年かかることがあります。

AGA専門の医師による、専門クリニック(発毛外来)では一人ひとりに合った治療を受けられるため、順調に治療が進めば6か月~1年ほどで髪のボリュームが回復してくるといわれています。

治療の効果は個人差がありますが、専門クリニックでの平均的な例として、次のような変化が目安といわれています。

1~2か月

育毛を実感することは難しいですが、抜け毛が減ってきたと感じられるようになります。

3~4か月

効果が早い人は、薄毛部分に産毛が生えるとともに、髪の毛は太くなってきたと感じることができます。

5~8か月

AGA治療を開始して5~8か月ころになると、薄毛部分の髪が成長して、治療の効果を実感できるようになります。

9か月~1年

この時期になると、早い人では薄毛が気にならないレベルまで髪のボリュームが戻ることもあります。

こんな人はAGA治療の効果が出にくい!

AGA治療といっても、治療の効果がすべての人に現れるわけではありません。薄毛治療で得られる効果は、医学的にみても「一定の改善が期待できる」という範囲にとどまっています。さらに、次のことにあてはまる人は、治療の効果が出にくいといわれています。

治療薬が効きにくい体質や薬が合ってない

フィナステリド(商品名:プロペシア)は、90%以上の人が効果を実感したというデータがあるほど、代表的なAGA治療薬の一つです。しかし、体質や薄毛の原因によっては、フィナステリドが効きにくい人もいるといわれます。

フィナステリドは、DHTの発生を防ぐことで、ヘアサイクルをもとの状態に戻し、結果的に髪が増えたと感じられる作用の薬です。そのため、もともと体質的に髪の毛が細くやわらかい人は、フィナステリドの効果を実感しにくいと考えられます。

また、5αリダクターゼが関わっていない円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの脱毛には、フィナステリドを服用しても効果はありません。

AGAが進行している人

AGAが進行して脱毛部分が広範囲におよぶ場合は、残念ながら毛母細胞の機能が低下、もしくは機能しなくなっているため、治療の効果が出ないこともあります。薬などを使った治療が難しくなると、最終的には髪の生えている頭皮を薄毛の部分に移植する、自毛植毛の治療を検討することになります。

AGA治療の効果を高めるポイント

AGA治療の効果を正しく得るためには、専門の医師による診察をきちんと受けて、一人ひとりに適した治療を受けることがポイントです。また、AGAは病気ではなく体質が関係しているため、治療を中止すると残念ながら再び薄毛が進行するケースがほとんどですので、通院のしやすさや料金なども含めて、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

AGA治療は早く始めるほど効果が得られる

薄毛の状態を長期間放置してしまうと、毛根の再生が難しくなるため、治療開始が早ければ早いほどヘアサイクルの回復も短い期間で済むといえます。

市販の育毛剤などを使っても回復の兆しがないまま続けることは、いたずらに時間を浪費することにつながります。AGA治療を検討している人は、一度専門クリニックに相談してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事