AGA治療を受けたいと決めたら、次に気になるのが治療にかかる費用ですよね。薄毛の症状によっては、治療が長期間におよぶこともあるため、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

ここでは、AGA治療を始める前に知っておきたい基礎知識と、代表的なAGA治療にかかる費用の相場についてまとめてみました。AGAの治療方法を選ぶときの参考になれば幸いです。

AGA治療は保険適応外

薄毛の悩みは男性にとって深刻な問題です。しかし、男性の薄毛の多くは、AGA(男性型脱毛症)であり、AGAの発症には体質が関係しているため、セルフケアだけを続けても改善は難しいといえます。

そこで、本格的に薄毛を改善するとなれば、病院や専門クリニックで治療を受けることになりますが、残念ながらAGAは命に関わる病気ではないため、健康保険が適応されません。

AGA治療は美容整形と同じ扱いになり、自由診療として病院やクリニックが自由に医療費を決められる仕組みになっています。

一般的な病院よりも費用がかかる専門クリニック

AGA治療にかかる費用は、どこで治療を受けるかによって違ってきます。皮膚科などの一般的な病院で受ける治療に比べると、AGA専門クリニックでかかる治療費は、高くなる傾向にあるのです。

一般的な病院ではAGA専門の医師がおらず、専門の設備も整っていないため、診察後は薬を処方されるだけで終わります。その点、専門クリニックではAGA治療の知識が豊富な専門医が在籍し、検査や治療をするための設備も充実しています。

専門クリニックでは、頭皮の状態はもちろんのこと、血液検査などで身体状態も把握したうえで使用する薬を選択するため、どうしても一般的な病院より費用が高くなります。しかし、その結果、副作用などのリスクが少なく、安心して治療を受けられることから、AGA治療は専門クリニックで行うことがおすすめです。

AGA治療にかかる費用の相場

AGA治療は、大きく分けると薬を使った治療と施術を行う方法の2種類に分かれており、治療方法によって費用も違ってきます。ここでは、専門クリニックで受けることができる治療方法と費用の相場をご紹介します。

内服薬

AGA治療には、内服薬を使って薄毛の進行を遅くしたり、発毛を促進させたりする方法があります。治療薬として使用される薬剤には、頭皮の血流を改善して発毛を助ける「ミノキシジル」、男性ホルモンのDHTの生成を抑制して抜け毛を防ぐ「フィナステリド(商品名:プロペシア)」、「デュタステリド」などがあります。

病院やクリニックによっては、初回の処方のみ薬代の割引をしているところもありますが、平均的な相場は以下になります。

●ミノキシジル配合薬(1か月分)

約8,000~10,000円前後

●フェナステリド配合薬(1か月分)

約5,000~7,000円前後

●デュタステリド配合薬(1か月分)

約8,000~10,000円前後

外用薬

ミノキシジルは内服薬だけでなく、クリーム状などの形態で外用薬としても使用されています。外用薬の費用は成分の濃度によっても違いますが、以下の金額が相場になります。

●ミノキシジル配合薬(1か月分)

約7,000~15,000円前後

ミノキシジル配合の外用薬は、市販の発毛剤としても販売されていますが、病院やクリニックで処方された薬は成分濃度が高いため、金額も2倍ほど高くなる傾向があります。

育毛メソセラピー

専門クリニックでは、発毛に有効な成分を注射やレーザーなどで頭皮に直接注入する、育毛メソセラピーという治療を受けることができます。育毛メソセラピーは、使用する器具や治療薬が施設によって違うため、1回19,000円前後で施術を受けられる施設から、1回100,000円近くかかる施設まで、費用の設定に幅があります。

HARG療法

HARG療法とは、細胞の働きを活性化させる成長因子を、頭皮に直接注入する治療方法です。HARG療法では、クリニック独自で成分配合されたHARGカクテルが使用されており、含まれる薬剤や器具によって費用が違ってきます。

費用の相場は約80,000~200,000円前後と金額に幅があり、治療を行う薄毛の範囲で違ってきます。また、HARG療法の回数は、1回で終了できる人もいれば、月に1回のペースで6か月続ける必要があるなど、個人差があります。

クリニックによっては、継続することで割安になるプランを設定しているところもありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

植毛の費用

植毛は、薄毛が広範囲におよび、薬を使った治療法では発毛が難しい場合に選択される治療法です。植毛には、AGAの影響がない自分の頭皮を薄毛の部位に移植する「自毛植毛」と、人工的に作られた髪を頭皮に移植する「人工毛植毛」があります。

アメリカでは、体へのリスクから人工毛植毛が禁止されており、日本では禁止されていないものの、植毛といえば自毛植毛が主流になっています。植毛の費用は、施術方法によって大きく異なります。

●自毛植毛

自毛植毛は、薄毛の進行具合によって、費用が変わることが特徴です。生え際の後退している部分へ植毛するときの相場は、約300,000~400,000円といわれていますが、広範囲の薄毛を自毛植毛でカバーするとなれば、2000,000円以上の費用がかかることがあります。

また、自毛植毛は1回で終わらず、数回手術が必要になるケースもあります。

●人工毛植毛

人工毛植毛は、植毛をした本数で費用が違ってきます。仮に2,000本の植毛をする場合は、1本250円程度として合計500,000円前後が相場になります。ただし、髪のボリュームを維持するためには、1年に2~3回のメンテナンスが必要です。

AGA治療にかかる費用は事前にしっかり確認を

AGA治療には健康保険が適応しないため、治療方法によっては多額の費用が必要になるケースがあります。専門クリニックによっては、良心的なプランを設定しているところもありますので、治療にかかる期間も含めて相談を行い、事前にしっかり計画を立ててから治療を始めましょう。

おすすめの記事