20歳を過ぎてからできる大人ニキビは、思春期ニキビと違った原因で発症するため、同じケアを続けていても症状が改善することは難しいです。また、大人ニキビは治りにくく、何度も繰り返す性質があるため、原因を知りしっかり予防することが一番の対策になります。

ここでは、大人ニキビの特徴と、ニキビができにくい肌になるための対策法をまとめてみました。大人ニキビを正しく理解したうえで、しっかりケアをしていきましょう。

大人ニキビができる原因

20歳を過ぎた年代にできるニキビを、「大人ニキビ」といいます。ニキビといえば、思春期に多い肌トラブルと思われがちですが、実際は大人ニキビに悩む女性は珍しくありません。大人ニキビは思春期ニキビと違って、次のような複数の原因が重なり合い発症するため、ニキビが治りにくく跡が残りやすいうえに、再発を繰り返すことが特徴です。

  • ターンオーバーの乱れ
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • 偏った食生活
  • ストレス
  • 誤った洗顔とスキンケア
  • 過度な喫煙や飲酒の習慣

大人ニキビは皮脂の過剰分泌だけが原因ではない

ニキビは、毛穴の奥にたまった皮脂にアクネ菌が集まることで繁殖し、皮膚組織が炎症を起こすことで発症します。そのため、ニキビができる直接の原因は、皮脂にあると考える人は多いようです。

しかし、思春期ニキビの場合は、体の成長にともなう成長ホルモンの作用で皮脂の過剰分泌が主な原因になりますが、大人ニキビでは皮脂の量よりも毛穴がふさがれやすいことの方が問題とされます。

大人の肌は毛穴がふさがりやすい

大人になると、毛穴がふさがれやすくなる主な原因は、年齢を重ねるごとに肌が生まれ変わるターンオーバーの期間が長くなることや、肌の乾燥で角質が硬くなることがあげられます。

毛穴がふさがり皮脂の排出が難しくなっている状態に、皮脂の分泌量が増える生活習慣やホルモンバランスの乱れが起こると、大人ニキビができやすくなってしまうのです。

大人ニキビができすいインナードライ肌

大人ニキビは、「インナードライ肌」にできやすいことが特徴です。インナードライ肌とは、表面に油分があっても肌の奥は乾燥している、隠れ乾燥肌とも呼ばれるタイプの肌であり、女性の約8割はインナードライ肌の疑いがあるといわれます。

インナードライ肌になると、肌がごわつき毛穴が収縮して皮脂がたまりやすくなるため、乾燥しやすい口まわりを中心に、ニキビができやすくなります。

大人ニキビの再発を防ぐ4つの対策法

大人のニキビは、何度も再発を繰り返してニキビ跡が残りやすいため、ニキビ対策としてはニキビをできにくくする「予防」が最も有効な手段といえます。ここからは、具体的な大人ニキビの対策法についてご紹介します。

1. 肌のターンオーバーを促す栄養素をとる

大人ニキビを予防するためには、ターンオーバーを促す栄養素をとることで、毛穴の収縮を改善することがポイントになります。ターンオーバーが正常に戻れば、インナードライ肌の改善にもつながるからです。

ターンオーバーを促進させるために食事でとりたい栄養素とは、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、セラミドなどです。また、反対にニキビに悪影響をおよぼすものとして、脂質、脂分、油分、糖分、刺激物などの食べ過ぎに注意しましょう。

2. 夜はしっかり睡眠をとる

ニキビができにくい健康な肌を作るためには、質の高い睡眠をとることが大切です。肌の修復と再生には、睡眠中に分泌される成長ホルモンの作用が必要不可欠であり、成長ホルモンは入眠後3時間のノンレム睡眠の状態がもっとも多く分泌するといわれています。

また、睡眠不足が続くとホルモンバランスの乱れが起こり、皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなるため、夜はしっかり眠るようにしましょう。

3.ストレスをためない

ストレスを感じやすい人は、ホルモンバランスが崩れやすく、女性でも体内の男性ホルモンの量が増えることで、皮脂の過剰分泌を招きニキビができやすくなります。ストレスが原因のニキビは治りにくいため、普段から自分なりのストレス解消法を用意しておくことをおすすめします。

4. 洗顔とスキンケアを見直す

大人ニキビは、誤った洗顔とスキンケアが原因で発生することもあります。皮脂を洗い流そうと、洗浄力の強い洗顔で洗い過ぎると、かえってインナードライ肌を悪化させてニキビができやすくなります。大人ニキビの正しい洗顔とスキンケアは、次の方法で行うようにしましょう。

  1. 使用する洗顔料は、刺激の少ないマイルドな成分を選ぶ
  2. 洗顔の回数は朝晩1回ずつ行う
  3. 洗顔料はしっかり泡立てて肌を包むように優しく洗う
  4. 洗顔後はタオルで肌をおさえるように水分を吸収し、ゴシゴシこすらない
  5. 洗顔後は化粧水や美容液などでしっかり保湿をする

洗浄力の強い洗顔料を使ったり、肌をこすって刺激をあたえたりすると、肌を保護するバリア機能の皮脂まで洗い流し、ダメージを加えるうえに体の防御機能でかえって皮脂が増えるため注意しましょう。

また、大人ニキビのスキンケアには、年代に合った化粧品を使用することも重要です。思春期ニキビと大人ニキビでは肌の状態が違うため、大人ニキビの人が思春期ニキビ用の化粧品を使用すると、強い脱脂作用などの影響で肌荒れを起こす可能性があります。

大人ニキビのケアには、「大人ニキビ用」または「インナードライ肌用(敏感肌用)」であることを確認して使用しましょう。

おすすめの記事