できてしまった背中ニキビを人に気づかれないよう、服装選びに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。背中ニキビは普段見えにくいことから、いつの間にかできて完治するまでに時間がかかるため、きれいな肌を取り戻すために適切なケアが必要になります。

ここでは、背中ニキビができる原因と、日常的にできる対策法についてまとめてみました。背中ニキビでお悩みの女性は、ぜひチェックしてください。

背中ニキビができる4つの原因

背中ニキビは、毛穴がつまり皮脂がたまった状態に、皮脂を好む細菌が増殖して発生します。背中ニキビと顔にできるニキビのメカニズムは基本的に同じですが、背中ニキビを発生する細菌は、マセラチア菌というカビの一種の場合もあります。

そして、背中ニキビは次のような条件が引き金となり、発症しやすいといわれています。

1. 背中は皮脂の分泌量が多く角質層が厚い

背中ニキビができる主な原因は、他の体のパーツに比べて、背中は皮脂の分泌量が多いことです。さらに、背中の皮膚は表面にある角質層が厚くできているため、毛穴がつまりやすく、皮脂がたまって雑菌が繁殖しやすいと環境といえます。

2. 背中は摩擦などの刺激を受けやすい

背中の皮膚は、次のような外部の刺激を受けることが原因で角質層が厚くなりやすいため、毛穴が収縮してニキビを発症しやすいです。

  • 下着や衣類などによる摩擦
  • 汗による刺激や蒸れ
  • 入浴時に背中をゴシゴシ洗う
  • タオルで背中を強く拭く
  • 背中を掻く

これらの行動は、背中に刺激を加えることで肌がダメージを受けるため、背中ニキビにつながることがあります。

3. シャンプーや石鹸などの影響

背中は見えづらく手も届きにくいことから、入浴時にシャンプー、コンディショナー、石鹸などが十分すすげているのか、確認しづらい部位といえます。これらの成分のすすぎ残しが背中に付着したままになっていると、毛穴をつまらせて背中ニキビを発症する原因になります。

4. 生活習慣によるホルモンバランスの乱れ

背中ニキビは、ホルモンバランスの乱れが影響して、発症することもあります。女性が生理前や生理中に背中ニキビを発症しやすいのは、女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)の作用で皮脂の分泌量が増えることが原因とされます。

その他にも、偏った食生活、睡眠不足、ストレスなど生活習慣の影響でホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンの量が増えると皮脂の過剰分泌が起こり、背中ニキビができやすくなります。

背中ニキビを改善する5つの対策法

背中はもともと皮脂の分泌量が多いうえに、寝ている間は敷布団などの摩擦を受けやすいため、なにもケアをしなければ症状を悪化させるリスクがあります。背中ニキビの対策には、次のような方法をおすすめします。

1. 肌着や衣類を見直す

背中への刺激を減らすために、下着や衣類は肌に優しく通気性の良い素材のものを選ぶことが大切です。また、たとえ低刺激の素材を選んでも、汗をかいた衣類で過ごすことは、背中が蒸れてニキビの悪化につながるため、シャワーを浴びたり、着替えたりするようにしましょう。

2. 入浴の方法を見直す

背中ニキビの改善には、これまでの入浴方法を見直してみることもポイントです。入浴時は次のことに注意してください。

・お湯の温度は42℃以下に設定する
・シャンプーや石鹸などのすすぎを念入りに行う
・ボディタオルは肌への刺激が少ない素材を使う
・入浴後のタオルは肌触りのよいもので体を押さえるように拭く

お湯が熱過ぎると、肌のバリア機能としての皮脂まで洗い流すため、高温にならないよう注意しましょう。さらに、石鹸などのすすぎ残しに用心して、肌に直接触れるタオル類は清潔で刺激の少ない素材を選び、強い力でこすらないことがポイントです。

3. スキンケアを行う

背中ニキビも顔のニキビと同様に、保湿ケアが必要不可欠です。肌の乾燥は角質層を厚くして、背中ニキビの悪化につながることもあるため、入浴後は化粧水や美容液で背中を保湿してあげてください。また、背中ニキビの予防としても、日ごろから保湿ケアの習慣をおすすめします。

4. パジャマやシーツはこまめに交換する

パジャマやシーツを使い続けると、雑菌が繁殖した状態に背中が擦れて、背中ニキビを悪化させる原因になります。特に汗をかきやすい人は、こまめにパジャマやシーツを交換して清潔にするようにしましょう。

5. 生活習慣を見直す

背中ニキビのケアには、生活習慣を見直して、ホルモンバランスを正常に戻すことも重要です。気をつけたいポイントは以下になります。

(1)栄養バランスを考えた食事をとる

肌の健康とホルモンバランスを整えるためには、食事でビタミン類やミネラルなどの栄養素をしっかり摂り、偏食をしないようにしましょう。

(2)夜は十分な睡眠をとる

睡眠不足は、ホルモンバランスを崩して、皮脂の分泌量の増加や肌のターンオーバーの乱れを招きます。夜は決まった時間にベッドへ入るよう心がけ、十分な睡眠をとることが大切です。

(3)ストレスをためない

日ごろから精神的・肉体的ストレスを感じやすい人は、ストレスの原因と距離をとりながら、趣味やスポーツなど夢中になれる時間を作り、ストレス解消をする習慣をもつことがホルモンバランスの安定につながります。

背中ニキビの悪化は専門医に相談を

背中ニキビが悪化して痛みを感じ、いつまでたっても治らないようなときは、皮膚科を受診して専門医に相談することをおすすめします。背中ニキビが重症化すると、ニキビ跡が残る可能性が高まるため、早めに適切な治療を受けるようにしましょう。

おすすめの記事