同じ肌に出来るニキビでも、跡が出来てしまうものとそうでないニキビがあります。では、何によって出来てしまうのか?その対策の方法を中心に紹介します。ニキビ跡が出来てしまうことによる、肌のダメージをなくし、より良い肌になる参考になれば幸いです。

ニキビ跡は全てのニキビが出来る訳ではない

ニキビ跡は、全ての肌に出来るニキビがニキビ跡になるわけではありません。肌のスキンケアをしている方ならご存知かもしれませんが、ニキビ跡が出来るニキビとそうでないニキビがあります。

ニキビ跡が出来てしまうニキビは、赤ニキビと黄ニキビと呼ばれるニキビが、ニキビ跡ができやすいニキビになります。
ニキビの種類でも、この2種類のニキビがニキビ跡の原因なのです。ニキビ跡ができやすいニキビのケアを間違ってしまうことでニキビ跡ができてしまうのです。

この2つのニキビがある肌環境や間違ったケアを変えることでニキビの症状を改善することができます。

赤ニキビと黄ニキビはニキビ跡の原因になる理由は?

赤ニキビと黄ニキビがニキビ跡の原因になると明記しましたが、そもそも、ニキビ跡ができてしまうようなニキビはどのような性質があるのでしょうか?

実は赤ニキビと、黄ニキビは肌の奥で膿がたまって炎症を引き起こしているニキビなのです。人間の肌のニキビで毛穴が単に詰まった程度の白ニキビから、詰まった脂質が黒っぽく発生することによって、黒く変化する黒ニキビになります。

そして、赤ニキビは、この詰まった皮脂が炎症を引き起こしはじめている段階で、炎症の症状が起こると肌の周辺が赤くなります。この症状が赤ニキビです。炎症状態を抑えるために、多くの血球がニキビの場所に来るようになります。

最後に戦って死んだ菌や、白血球が溜まって膿がある状態が黄ニキビです。黄ニキビの場合は、肌に膿がたまり、周辺の肌組織にもダメージをあたえている状態になります。

ニキビ跡ができやすいニキビは、炎症が発生したり、可能した等肌に雑菌が入っている状態であり、周辺の組織にもダメージがある状態です。この状態で間違ったケアをすることで、ニキビ箇所の傷が悪化し、結果跡として残るようになります。

ニキビ跡ができやすい肌のケア

ニキビ跡を解消するために必要なのは正しい肌ケアです。ここで、ニキビ跡ができてしまう事によって厄介なのは、更に外部から力を入れて、膿を出す方法です。

これは、ニキビができたら潰すという習慣は、大きな間違いであり、ニキビ跡の発生の原因になります。ニキビでも、肌の周辺に炎症が発生している状態は、多くの血管ができている状態であり、加えて、雑菌もいる状態です。

そして、炎症によって、周辺の組織もダメージが与えられていると言った状態になります。
この状態で外部から力を入れて、膿を出そうとすると、組織から多くの膿が出るようになります。加えて、外部から細菌が傷口から入ってくるようになるので、余計にニキビ周辺の傷が治りにくい状態になるのです。

解りやすく言うと、かさぶたがあって、無理やり力を入れて剥がそうとすると、膿が出てきて傷口が膿んで治りにくい状態と同じことがニキビ跡で起きてしまいます。

小さい傷口ですが、このようなことが同じ肌に起こっているので、使用の際には避けることが大切なポイントであり、ニキビがある場合は潰すという最悪の選択肢は避けることがポイントです。

ニキビ跡を残さないためには、傷をつけずに入っている炎症を抑える薬を使用する方法がオススメのケアのポイントなのです。

できやすい肌環境を改善するには?

ニキビ跡を作らせるニキビの症状を悪化させないということは、大きな問題解決になります。できてしまったニキビを解消するのは、重要ですが、ニキビ跡ができやすい環境を減らすことはより大切なことなのです。

ニキビ跡ができやすい状態になるには、肌の皮脂のつまりの頻度を減らす必要があります。黄ニキビ、赤ニキビができやすい環境は、人間の顔の皮脂のバランスが崩れたり、ホルモンバランスが乱れることによってできやすくなってしまうのです。

人間の顔の皮脂のバランスが崩れやすい原因で、気を使うのが洗顔料の方も多いのですが、知ってほしいのはファンデーションや日焼け止めの油分によって、ニキビの発生の原因になっているケースがあります。

洗顔料の洗顔力で、日焼け止めやファンデーションの油分を落としきれていない場合は、肌に過剰に油分が残るので黄ニキビや赤ニキビの発生の原因にもなります。ですが、知っておいて欲しいのは、乾燥しすぎているのも要注意で、油分がなさすぎると乾燥を防ぐために、より多くの油分を人間の皮膚はしようとします。

洗顔で洗いすぎている事によって、かえって皮脂量を増やすような洗顔をやめることも大切です。

自分の肌にあった洗顔料や化粧品を選ぶことを季節毎にチェックすることが、ニキビ跡ができやすいニキビを増やさない最善策なのです。

おすすめの記事