肌にできてしまったニキビ跡は、実はできているニキビ跡の種類によって、ケアが異なります。そのケアの方法を知っておかないと、うまい具合に肌に残った跡を治すことができないのです。今回はそのニキビ跡の特徴、及び治療の方法を紹介します。

ニキビ跡には種類がある

ニキビ跡と言ったら多くの人がイメージするのはクレーターと言った肌に凹凸がある状態を指しますが、実はニキビ跡にはいろんな種類があります。

最初に、赤みかがった場合のニキビ跡です。治癒のときに、うっ血して、周辺の組織にヘモグロビンの色素が残ることで起こります。膿は溜まっておらず、肌の組織に色が残っている状態です。

次に、ニキビが治った後に、ニキビがあった場所に出来る色素沈着のパターンがあります。ニキビがあった地点に、点のようなシミがあるケースです。

最後に、クレーターで、ニキビの芯を取った後に肌が治癒し、あった地点が陥没の状態になり、残ってしまっている状態を指します。

この3つ実は治療法が大きく異なるので、手順を間違えないようにすることがポイントです。

赤いニキビ跡の治し方

赤いニキビ跡の対策は、肌の新陳代謝を良くすることで、この後を消すことができます。

最初に行うべきは高濃度ビタミンCが入った、美容液を使用することです。人間の肌の再生にはビタミンCは不可欠ですが、体内で摂取をするとビタミンCは他にも体の重要な役割を担っています。その為、肌のニキビ跡の場所まで十分なビタミンCが不足してしまうと言った事態が発生します。

故に、ニキビ跡がある場合で重要なのは、その色素沈着がある場所に、十分なビタミンCがある状態にして、肌の質を整えることがポイントです。

新しくできた肌の細胞には、色素が入っていないため、薄くすることができます。故に、高濃度ビタミンCはその役割を十分に担っています。

肌にピンポイントに、ビタミンCを与えることで、肌の改善とともに後を目立たなくする効果があるのです。

ピーリングの化粧品もオススメで、顔全体の肌の代謝を高め、不要な角質を取っていく効果があるので、赤みの肌のニキビ跡を消すことができます。

黒く残ったニキビ跡の治し方

黒く残ったニキビ跡は、ニキビがあった場所に、メラニンが溜まって、黒く沈着している状態になります。このため、先程紹介した、ピーリングや高濃度ビタミンCだけでは根本的な解決にはならないことが多くコツが必要です。

黒くできてしまった後なので、紫外線でのダメージにも左右されやすいニキビ跡です。メラニンによって濃くなっているので、紫外線ケアをすることはニキビ跡の症状の悪化の改善に大きくつながるニキビ跡です。

溜まっているメラニンを取り除くことが目的なので、一番使用すべきは美容化粧品になります。美容化粧品の中でも肝斑やメラニン生成抑制の美肌化粧品が黒く残った場合のニキビ跡の大きな対策になります。

実際に沈着した、肌の箇所のメラニン生成を抑制し、加えて肌の代謝も良くするので、黒く残ったニキビ跡を改善することができます。また、先程紹介した、新しい肌を生成するために必要なビタミンCを摂取するのも大切なポイントになります。

黒く残った場合のニキビ跡は、解りやすく言うとシミと同様の対策を摂ることで肌質とともに改善することが可能です。

美白ケアや、集中的にケアする商品を取り入れることで、人間の肌の芯から、原因になっている色素を取り除くことで肌の後を消す方法があります。

また、美容整形では、高濃度ビタミンCの治療やレーザーによるシミ消し等でも改善できるニキビ跡です。

実際にできたシミを消すレベルの治療で改善することが出来るので、治るまでの期間は長く2~3ヶ月をスパンとして様子を見ることが大切になります。

クレータータイプのニキビ跡の治し方

クレータータイプの場合は、陥没して傷が治っている状態ですので、肌の新陳代謝を早めて、陥没している部分を早く角質として肌から取っていく方法が一番シンプルで治る方法です。

傷が埋まってしまっている状態なので、傷薬は効かないのでこの時点では、高濃度ビタミンCを中心とした、肌の新陳代謝を良くする物を取り入れたケアが肝心です。特に、陥没タイプの場合は、周辺にまたニキビができやすい、もしくは、クレータータイプの原因になる黄ニキビができやすいため、対策も大切になります。

もし、周辺にまだニキビがある場合は、潰さず、抗生剤が入っている塗り薬を使用して、アクネ菌を徹底的にやっつける薬剤を使用することが大切です。潰さず、ニキビ用の抗生剤を塗っていれば、必然的に膿が減少して真皮層と言った肌の奥を傷つけることが無いので、クレータータイプの大きな予防になります。

できてしまった、クレータータイプで症状がひどい場合は、美容整形でのレーザー治療と言った選択やピーリングも治す上では大きな方法です。ですが、保険適応外になるケースもあるため、病院での相談は必須になります。

おすすめの記事