多くの人が気になるのは、できてしまったニキビ跡をいかに目立たないようにするかという方法です。できてしまったニキビ跡は、基本的に消すには時間がかかります。その間にいかに目立たないようにするという事は、見た目にも非常に大きな自信を持つことができます。今回は目立たなくする方法を紹介します。

ニキビ跡を隠すのに必要な時間とは?

ニキビ跡を隠すには、時間が必要になります。まずは、ニキビが治って跡のかさぶたや膿が治まる状態になることです。

その後、炎症が発生している状態の皮膚の部分が目立たなくなって、素肌の状態に近いようになるまでに時間が必要になります。

ニキビ跡ができて、その跡が無くなるまで、何日必要かと言いますと最低でも、一ヶ月は必要になります。この一ヶ月という数字の意味は、肌の傷が治ってターンオーバーするまでの期間を指します。つまり、一ヶ月は肌のニキビ跡は消えないという現実を知るべきなのです。

ニキビ跡を目立たなくするには?

多くの人が悩ましいのは、できてしまったニキビ跡を消すにはどうしたらいいのかといいうことです。流石に、一ヶ月も跡がある状態の顔を放置するのは良くないと感じる人が現実に多いのが実情です。

ニキビ跡ができてしまったとしても、その跡を目立たなくする方法が実際にあります。それは、化粧です。

化粧をすることによってできてしまったニキビ跡をカバーして隠すことが出来るのです。

そのためには、化粧品を選ぶポイントが必要です。まずは、ファンデーションやコンシーラー、ニキビ跡を隠すアイテムはこの2つがメインです。この2つをしっかり選び賢く利用することで、ニキビ跡をしっかり消すことができます。つまり。この2つのアイテムで選ぶのをミスしてしまうとかえって肌のダメージの蓄積の原因になるので注意が必要なアイテムでもあります。

化粧を落とした後はしっかりケアを行い、普段はしっかりコンシーラー等で、隠すことで、顔のコンプレックスを考えずに過ごすことが出来るのです。

ニキビ跡を消す化粧品の基本

ニキビ跡を消す化粧品を選ぶポイントは大きく以下のポイントを踏まえる必要があります。

  • 油分のバランスが良いもの
  • 色味は自分の肌よりも一段階濃い目
  • 赤みが気になる場合は緑系を選ぶ
  • 肌の優しい素材を選ぶこと

最初の油分のバランスが良いは非常に重要なポイントです。油分は少なくても、多くても行けません。油分のバランスは、化粧品をつけたことによって、発生する肌のかさつきを抑える適量があります。多い場合は肌が脂ぎりますが、少ない場合は肌に塗布した化粧品は人間の皮膚上にある油分を吸い取ってしまうので、肌の乾燥の原因になりかえってニキビができやすくなります。

色味は自分の色味よりワントーン黒目を選ぶのがポイントで、同じ色味を場合は、かえってニキビの箇所が目立つようになるので注意が必要です。特に、ピンポイントで色をつけることが出来るコンシーラーの場合は、この色味を選ぶポイントは大切になります。周辺をなじませるという意味で、ワントーン桑目を選ぶことが大切です。

ニキビ跡で赤みがある場合は、緑といった補色系を使用することでうまく隠れる場合があります。赤みを隠すのと同じ理屈で使用できるため有効な手段になります。

肌に優しい素材の商品を選ぶことも大切な前提です。過度な油分が入っていない、香料や保存料を言った肌を刺激する成分がなるべく少ない商品を選ぶことが大切です。ニキビ跡の箇所は敏感肌と同じなので、肌に優しい素材を選ぶことは必然的に大切なポイントになります。

ニキビ跡を消す化粧品の応用編

ニキビ跡を消すために必要なのは、元々使用する化粧品も大切ですが、化粧品を落す洗顔料も大切になってきます。

使用する化粧品よりも洗浄力が弱い場合は毛穴に、詰まってしまうことが発生しニキビ発生の温床の原因になります。つまり洗浄力と化粧品のバランスがニキビ跡を発生させるようなニキビの再発防止になるのです。

また、洗浄力が程よいものには、ビタミンCと言った肌のターンオーバーを助けるビタミンの機能を良くする効果があるので、肌の質は良くなります。洗浄力がありすぎると油分が無くなってしまってかえって、皮脂の分泌を促進するため洗顔料選びも同じぐらい大切なポイントです。

後は、ファンデーションですが基本的にリキッドファンデーションの方の使用を勧めます。カバー力があるので綺麗に隠すことができます。そして、重要なのは筆で塗るタイプにすることです。道具を使用するため清潔にする必要がありますが、力の加減や調整をすることができます。

ニキビ跡に刺激を加えるとかえって症状が悪化するケースもあるので注意が必要なのです。

また、日焼け止めを使用する場合は、日焼け止めの油分もかなりあるので種類によってはニキビ跡をカバーする化粧品との油分のバランスが崩れてニキビができやすくなることもあります。ニキビがある部分は避けると言った対策も大切なポイントです。

おすすめの記事