肌に大きなコンプレックスの原因になるニキビの跡は大きな悩みになる人も多い跡です。中々治ることができず、化粧で隠すことも難しい、ニキビ跡で非常に厄介なのも特徴です。今回はクレーターニキビ跡の原因とそのできてしまったニキビの対策を紹介します。

クレーターのニキビ跡の出来る原理

クレーターのニキビ跡はどのようなニキビで出来るのでしょうか?クレーターニキビ跡はニキビが進行して、黄ニキビ、紫ニキビの症状のときに間違ったケアをすることでニキビ跡となってしまいます。

クレーターニキビ跡の特徴は、ニキビが出来る皮膚層の深さが大きな関係を持っているのです。クレーターのニキビ跡は非常に深い肌の層から発生しているのが大きな特徴になります。

人間の肌には肌の表面部分の角質、そして土台になる真皮層があります。真皮層は、肌の一番下の地点で、毛細血管を含む肌の細胞の生育に大きく関わっている層です。

人間のニキビの症状がひどくなると、肌表面の角質層の毛穴に詰まった、皮脂から細菌が繁殖し膿がたまります。膿が溜まって肌の深い層へと浸透していくと、必然的に角質層を越えて、最終的に真皮層まで行ってしまうことになります。この真皮層に行ってしまう段階になると黄ニキビ、紫にきびになります。

黄ニキビは、膿が溜まって真皮層にまで行ってしまった症状であり、紫ニキビは更に血管を巻き込んでいる状態になります。この段階になると、真皮まで達しているため膿が出た跡角質層全体が傷ついているため、真皮の部分の傷が塞いだ跡が残るようになります。このようなことが重なることでクレーターニキビ跡が出来てしまうのです。

クレーターニキビ跡を作らせないポイント

クレーターニキビ跡は基本的に跡を作らせないという点が非常に大切になります。予防によってかなり、ニキビ跡の数を消すことが出来るので、普段からニキビの進行を抑えることが大切です。ニキビ跡の中でも、黄ニキビに進行してしまうと、クレーターニキビ跡の発生の原因になります。

ですから、最初の角質に皮脂が詰まった状態の段階で、ニキビケアを行うことが大切です。

では、できてしまった黄ニキビや紫ニキビがある場合はどうしたら良いのでしょうか?その場合は基本的に、ニキビ薬を使用するのがポイントです。

重要なのは患部を潰さないことで、中に入っている膿が次のニキビの発生の原因と、傷口があることで、ニキビ跡の発生の原因になります。クレーターニキビ跡の特徴は芯が無くなって広い傷口があることで発生します。

すっぽりとニキビの芯を無理やり出すことで、大きな傷口になり、その部分の角質と傷口は真皮層になるので段差が出来ることでクレーターニキビ跡ができてしまいます。つまり、大きな傷口を作らない状態で、ニキビの膿を減らすのがクレーターと呼ばれるニキビ跡を消すことが出来るのです。

医薬部外品の薬もありますが、一番は医薬品の薬を購入することがポイントです。医薬品の物を購入する理由は、抗生物質が入っているからです。抗生物質は肌の上面から吸収されて膿の中に生きている原因菌をやっつけることが出来るため、ニキビを潰さなくても黄ニキビや紫ニキビを減らすことができます。

その為、ニキビ跡の発生になるような傷口ができないので、大きな予防になるのです。

できてしまったニキビ跡の対策

もし、クレーターニキビ跡ができてしまった場合どのような方法が対策としてあるのでしょうか?

できたニキビ跡は傷口が塞がって段差がある状態です。故に、この跡を消すには、肌の新陳代謝を良くして一番傷口の深い部分の肌が角質層まで上がる段階まではニキビ跡が消えないことになります。

つまり、代謝によってニキビ跡がある箇所まで肌の代謝が進まない限りはニキビ跡が消えることは無いのです。これが、できてしまったニキビ跡の厄介な点であり、そして、その間に黄ニキビや紫ニキビができてしまうことで、ボコボコとした凹凸が肌に続いてしまう状態になります。

一回できたら、その周辺にまた同様の黄ニキビ、紫ニキビができてしまうことも同時に予防しないとクレーターニキビ跡を消すことができないというわけです。

家で出来るクレーターニキビ跡を消す方法は、肌にまだ残っている黄ニキビや紫ニキビをケアを優先的に行うことです。できているニキビを消すと同時に、美容液で肌の再生を早める、物を使用して、表皮の代謝を高めることがクレーターニキビ跡を消す家で出来るケアになります。

クレーターニキビ跡を消す施術

クレーターニキビ跡を消すには、美容的な施術によっても消すことが可能です。ニキビの治療法で有力なのは、顔の表皮に対して、角質や無駄な皮脂を広範囲取り除き、正常な皮膚の形成を早める施術が行われます。

ケミカルピーリングやレーザー治療がその代表例です。いずれも、人間の肌の真皮の機能を高くすることによって治療できる方法になります。効果は家で行う施術よりも安心で、強い効果を発揮することができます。

注意点は、保険治療の適応外であることが多く、病院によってどの治療が適応内か、安心して施術を行う病院を選ぶことが大切です。

おすすめの記事