ニキビが治った後に発生する色素沈着は、その発生の原因がわかれば、薄くする方法、対策があります。正しいケアをすることで改善が見込まれるのが特徴です。今回はそんな、ニキビ跡と色素沈着の原因と対策に関して紹介します。

ニキビ跡の色素沈着の原因

実はニキビに出来るシミというのは色味によって原因が異なります。これをまずは知っておくことが大切です。できている色素の原因が異なるがため、同じ方法をとっても治らないケースがあります。故に、原因を知っておくことが何よりも大切なのです。

最初に、赤みがあるニキビ跡のケースです。この場合は、ニキビ跡に炎症が起こっていることによって発生します。つまり、ニキビの傷口が治っていても肌の奥には炎症が残ってるから赤みがある状態なのです。

次に、黒い場合は、にきびがあった場所にメラニン生成が活性化されて、シミがある状態になります。黒い色素はシミがある状態と同じです。

このように、シミの色の原因が違うがため、同じように対処しても何ら意味が無いのです。それぞれの跡にあった、薬剤を使用することが大切になります。

赤ニキビ跡の色素沈着には抗炎症成分が必要

赤ニキビ跡の場合は抗炎症成分が入っている薬剤を使用してケアをすることが大切です。薬品名だとグリチルレチン酸やサリチル酸が医薬品で販売されている塗り薬の代表的な成分になります。

薬で塗布する場合は、ドラックストアで購入が可能です。注意すべき点は、薬剤の成分の含有量を確認することが大切になります。医薬部外品よりも、きちんと医薬品と書いている表記のものが成分が多く、早く治せるのが特徴です。

化粧水でケアをしたい場合は、カミツレや甘草エキスと書かれているのがおすすめです。ぞれぞれ、肌の抗菌作用や抗炎症成分が含まれていること、また香りもいいので使い心地が良いと評判の高い成分になります。

薬を塗る段階で迷っている、またできやすい赤みニキビ跡の予防にも大きく役立つ成分です。

化粧水でも美容液でも成分入りで販売しているため、自分の肌に対して不足している物が水分か油分かを見極めた上で、購入することができます。

抗炎症系の薬剤と化粧水を同時に使用することによって、肌への副作用は無いと言われていますが、敏感肌や皮膚科に通っているレベルの人は一回相談することが大切になります。

黒いニキビ跡は美白ケアで

黒いニキビ跡は、ニキビ跡の部分にメラニン生成が盛んになってしまったことによって発生するニキビ跡です。つまり、ニキビ跡があったことによって、人間の肌が攻撃されていると察知して、予防の為にメラニンを生成を盛んにさせてしまったことによって発生します。

つまり、人間の肌には肌の組織を護るために、防御機構があります。この防御機構があることによって、人間の肌は体の奥まで紫外線が届かないようになります。しかし、ニキビケアを間違ってしまい傷がある場合はダメージが体の奥に届く危険性があります。

こうした、体の奥に届く危険性を避けるがために、体の肌細胞はメラニン生成を始めてしまい、小さな針のような大きさのシミができてしまうわけです。

この場合はニキビケアの場合でも美白化粧品を使用します。レチノールやハイドロキノンが配合されたクリームを使用することによって、その部位のメラニン生成の抑制や、酵素の働きを阻害することによって跡を消すことが出来るのです。

注意点は、ハイドロキノンのクリームは2%以上入っている場合は、紫外線に当たると炎症を引き起こします。ニキビの場合は顔の悩みが多いため、日常でケアをするなら成分の配合量には注意が必要です。加えて、注意点として、日焼けの対策もすることが大切になります。紫外線が当たることによって、メラニン生成が促進されてしまうので、注意が必要になります。

また、日焼け止めの成分によっては皮脂量が多くなってしまい肌の負担がまし、ニキビ発生の温床にもなるので注意が必要です。

ニキビ跡の色素沈着を消すコツ

他にニキビ跡の色素沈着を消すポイントとして知っておくべきは飲み薬です。実は、塗り薬も大切ですが、飲み薬を使用することによって肌の炎症をなくすことができます。

飲み薬によって肌の再生を早めることが可能で、健康な肌細胞への代謝が進むことによって肌のニキビ跡が目立たなくなるという理屈です。その為、飲み薬を使用するのも効果的になります。

飲み薬と言っても医薬品の類から、医薬部外品までありますが、入って有効的なのはビタミンCとコラーゲンです。この2つの成分が多く入っている商品は肌の再生を早めたり、材料になります。

錠剤タイプ、ドリンクタイプ、ゼリータイプありますが、毎日一日の摂取目安量よりも摂取をすることで肌の再生力が良くなり色素沈着をより早く消すことが可能になるのです。

おすすめの記事