保水、保湿は似ているようで実は違う言葉です。肌のケアを使用する物も言葉の意味で大きな違いがあります。その違いを間違ってしまうと肌の質が大きく悪化してしまう大きな原因になります。正しいケアをコツコツ続けるには肌の質を保つ上でもこの2つの違いを知っておくべきなのです。今回は保水、保湿の違いを紹介します。

保水と保湿は似ているようでかなり違う

保水は、文字通り肌に水分を多くある状態にすることです。つまり、スキンケアの場合は、肌に水分を補給するという意味です。水分が不足している地面にたっぷり水をあげるのが保水になります。つまり、肌の水やりのイメージです。

続いて保湿ですが、これは、肌の水分量が多い状態を作り上げることです。スキンケアの場合は、程よい油分を供給し、肌からの水分を逃さないようにするというのがメインの役割です。例えるなら、土の水分が逃げないようにする様に肥料や土壌改良するイメージです。

保水を保湿はこのような大きな違いがあるので、購入の際には注意が必要になります。

保水剤って何を指すのか?

保水剤は化粧水のことを指します。もしくは、水分と一緒に溶け込んでいる有効成分を使用するイメージです。水分補給をメインとしているので、水と書かれている商品を購入することです。水分を補給する為に、乳液やクリームは大きな間違いです。

水分を補給するのであれば、油分がないことが大切です。油分があることで、肌の表皮が水を弾いてしまいます。解りやすく言うと油分があることで、肌の表面が撥水加工と同じような状態になり、必然的に、水分を弾いてしまいます。

本来水分補給をしたい場合は、化粧水を付ける必要があるのです。水分補給のための保湿剤の使用はNGでありやってはいけないことになります。

では、化粧水は単に水だけしか入っていないのでしょうか?水分があることによって解けるビタミンが入っていることが多いのが特徴です。良く肌の組織を守る効果が高いビタミンCは、水溶性ビタミンで代表的なビタミンであり、水分があることによって初めて吸収されるビタミンになります。保水力があるヒアルロン酸も水分があることによって、溶け込み、肌の表面からの塗布によって吸収することができます。

水分をメインに補給しつつ、有効成分も取り込んでいくこれがメインの保水剤の大きな役割になります。人間の肌は空気に接している以上、表皮から水分が蒸発します。その不足している水分を補うのが保水の役割なのです。

保湿剤のポイント

保湿剤は水分がある肌の状態を維持することをメインとしています。つまり、肌に油分を与えることで、皮膚内の水分を蒸発させないように蓋を閉めるイメージです。

人間の肌に皮脂があるのは、この肌の中にある水分の蒸発を防ぐという大きな使命があります。つまり、人間の肌は、油分によって肌の中に入っている水分の減少を抑制しているというわけです。

保湿剤は、人間の表皮の油分を補いつつも、水分を補給する役割を持っています。人間の肌の水分が蒸発しないように毛穴周辺の湿度が高ければ、蒸発を防ぐことが可能なわけです。水分は乾燥している時、蒸発をし始めます。夏場よりも、冬場の方が乾燥する実感があると思いますが、これは表皮に接している空気が乾燥していることが大きな要因です。

それと同時に蒸発を防ぐための油分も少ないがため、発生している現象になります。油分の補給と共に、大切なのは、油があって吸収できるビタミンがあることです。コラーゲンや美白成分等は油分があって肌の親和性が良く、表皮からの吸収をすることができます。

故に、肌の水分量が整っていれば、油分の補給とともに、肌内部の水分の蒸発を防ぐことが可能なのです。

保水と保湿の順番は間違えないこと

先程の話を踏まえて、正しいケアの仕方を紹介します。化粧水で水分を補給した後、保湿剤である乳液やクリームを使用することが大切です。化粧水で減少した水分を補給すること、その後油分を補うことが大きなポイントになります。

よくありがちなのは、この順番を間違えることです。化粧水の水分補給を飛ばして乳液を付けてしまうパターンです。乳液の特徴は、水分補給も兼ねていますが、一番大きな役割は、後に付けるクリームの肌なじみを良くする役割です。

水が多い肌表面では、油分の多いクリームを付けると弾いてしまいます。この状態を防ぐために乳化剤が入った乳液を付けることで、油分が多いクリームを塗ったとしても肌表面で弾くことが無いため蓋としての役割をしてくれるというわけです。

水分補給のために乳液は作られていないので、乳液で水分補給という考えを改める必要があります。もし使用するのであれば、化粧水、乳液、クリームの順で各役割があります。

化粧品で水分補給と油分補給には違いがあり、役割と順番が異なります。正しい知識と順番を守ることが大切です。

おすすめの記事